本文へ移動

第3の柱 性病関連の治療

性感染症について

 
 
  当院では、尿道炎を素早く治すように心がけていますが、淋菌性尿道炎のなかには時たま抵抗性を示す症例があります。
また、特に自覚症状が乏しい場合に検出されるのがクラミジア尿道炎です。
 
  感染機会があったために心因性に症状を訴える症例もあり、いわば性病不安症なる人もおられます。ネット上の情報で不安が増幅し疑心暗鬼になる場合もあり、そこは自己判断より専門医の意見を聞いた方が早道だと思います。
また、亀頭包皮炎で来院する人に、ネット情報から真菌性を訴えて治療を指定して来られるケースが増えて困っています。ネット情報で自分を診断しその治療を求めて来られる現象です。当院では状況を聞いてから当方で治療方針を判断させていただきます。
 
  最近たしかにフレッシュな早期梅毒が増え、当院では初期硬結をよく見かけるようになりました。この場合、簡単に治療はできますので心配はありませんが、他者に感染させる恐れがあるので早期治療が大切です。コンドームを介さない接触(オーラルやセックス)には注意してください。
 
  尖圭コンジローマ、性器ヘルペスは変動なく安定した来院数ですが、性器ヘルペスは再発例の通院が多く初発例は多くありません。
性器ヘルペスは継続通院される場合が多く、患者実数はそれはそれほど多くないとおもわれます。
両者とも、尿道炎ほど感染機会が明確にはならないし、治療終了後においてもパートナーに接触感染するかどうかも不明確です。
尖圭コンジローマは治療消失後3ヶ月は再発監視する必要があると説明しています。

当院の性病症例数

上の図のクラミジア、淋菌は検出数です。
 
TOPへ戻る