本文へ移動

第5の柱 夜間頻尿の自由研究(最下部にデータあり)

夜間頻尿問答集

夜間回数は2〜3回が普通とみんなが言っていますが?(80代男性)

2018-10-20
夜間頻尿通院中の患者さんが聞いてきました。「仲間達の集まりで聞くと2〜3回が当たりまいだと言っていると」
私の意見では、夜間回数は1回を目指すべきで、2〜3回に満足してはいけないと思います。
その理由は、意欲的で生活のリズムを持ち続ければ、1回以内になれるからです。老後生活で仕事しなくなると、生活の目標設定が希薄になり、生活活動代謝が落ちてきます。実をつけた後のキュウリ野菜は、老いれば栄養や水分の根からの吸収が悪くなり葉を枯らしていくように、人間の身体も血行が悪くなり代謝も落ちて動きが悪くなっていきます。そうならないためには、生活のリズムを取り戻し、代謝を上げ、血行を良くする努力をする必要があります。そのためにはなにをすべきか、それは「しっかり食べ、しっかり動いて、じっとしたりボーっとしている時間を短くする」ことです。すなわち、筋肉を増強し、それを使って動くことです。そして身体を冷やさないことです。そうすれば、元気になるし、眠りも深くなり夜間尿量も減って夜間回数も減り、快眠が得られやすくなります。歳を重ねれば自然に代謝が落ち、体力も、気力も落ちて動きが悪くなり、夜間頻尿にもなっていきます。自然のなりゆきに任せれば、やがてそれが老年症候群(フレイル)、ロコモ症候群、サルコペニアに至り、要介護状態へ行き着くのです。老後の生活を元気に、アンチエイジングでピンピンコロリといきたければ、自分の身体のケアをしていかなければなりません。夜間頻尿の改善を指標にすれば、アンチエイジングにもなり、意欲的な生活を取り戻すことができると信じています。夜間頻尿2〜3回が当たり前と思っていると、成り行きに任せた老後生活に甘んじ、ケアをしていない証拠になると思います。とりあえす、1回以内を目指し、多くて2回で生活設計する事をお勧めします。
 
TOPへ戻る