本文へ移動

当院の方針

当院の方針

泌尿器、生殖器の専門的な診断をおこない、急性疾患は早く改善させます。
・超音波検査で腎臓、膀胱、前立腺、陰嚢内容をチェックします。
・必要に応じて、尿流測定、レントゲン検査、内視鏡を追加します。
・もちろん、尿の顕微鏡検査は基本です。
・当院は、きちんと診断、管理しながら処方、経過観察をします。漫然処方はいたしません。
・継続診療、経過観察の場合、節目節目で検査チェックを受けていただき、生活指導を行います。
   見落としなく、正確な情報把握のためにご理解ご協力をお願いします。
・当院で行う疾患治療のマーカー検査は、原則的に当院で受けてもらって管理します。
恥ずかしさや、痛さを極力避けるような診察、検査を心がけています。
・たとえば、前立腺診断は局部をさらけ出さずに超音波でみれます。
・内視鏡は 必要最低限度におこないます。軟性鏡を使用します。
・但し、緊急性をおびた場合、結果を素早く診断する必要がある場合は、必要な検査を行います。
・レントゲン造影は多用しません。
・腎臓、尿管の正確な把握にCTスキャン、MRIを検査専門施設へ紹介する場合があります。
診断の特徴
・まず現在の状態を知っていただき、治療の内容、養生の仕方、見通しについて説明します。
 そして出来るだけ早く病気から自立してもらうように努力します。
・外来検査の診断力では、大病院には引けを取らないと自負します。
・超音波診断では、リアルタイムで画面を見ながら説明します。
・入院手術が必要な場合は、CTスキャン、核磁気共鳴断層検査(MRI)を速やかに紹介し、結果をまとめて 希望病院へ紹介します。 
TOPへ戻る