本文へ移動

診療日記、日々雑感

診療日記 ( 一開業医の診察室)

結石既往がありで、最近下半身が重く感じるとまず泌尿器科受診を選択して来院した患者さん。症状のない血尿で来院した患者さん。

2019-12-03
尿検査で潜血反応なし。はっきりした尿管結石症状もなくただ「下半身が最近重く感じる」というので、泌尿器科受診は違うと言いながら念のため腹部超音波検査を行った。すると、少しの残尿を持った膀胱壁の右尿管口部に小さな結石陰影を見つけた。両側腎所見は正常で水腎は見られず叩打痛もない。腹部単純x-pをみると直径2ミリの結石が膀胱の右尿管口部付近にあることを確認した。患者さんに「すごい感をしているね」と褒めておいた。あまり頻尿感も訴えていなかったが、改めて聞けば異常感はあったそうだ。1週間ほど内服処方をして「知らないうちに異常感も消えて石が出てしまっていると思いますよ」と言っておいた。症状の乏しい尿管結石も有れば、血尿だけの症状で痛みもなく来院される人もいます。後日、側腹部痛の発作が現れて、病気を確信してくれた患者さんが夜診で受診されました。尿管結石患者の来院時主訴は様々な例外もあります。
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る