本文へ移動

陰部に不快な症状がつきまとう

陰部に不快な症状がつきまとう

非細菌性前立腺症候群

①慢性非細菌性前立腺炎

抗生剤、抗菌剤であまり汚れがとれないもので、症状多彩。
前立腺マッサージによる前立腺分泌物の採取。顕微鏡下で分泌物中に白血球の有無を必ずチェックする。
分泌物中に白血球が一定数あれば細菌性慢性前立腺炎を疑い、無ければ非細菌性慢性前立腺炎とする。
細菌性であれば抗生物質を使用し、分泌物中の白血球をある程度監視する。
 
非細菌性の場合
前立腺の循環を良くするため、セルニルトンや抗うつ剤を使うことがある。
日常生活の注意事項をまもり、症状から気持をそらすようにする。
病状が生命的に危険なものでなく、日常を不快にするだけのもの。神経質にならないこと。
患者さんとのインフォームドコンセントが重要。

③精神的な前立腺様症状

心療内科的カウンセリングが重要なことが多い。表情を観察。
抗うつ剤が有効なこともある。難しければ、心療内科へ紹介する。
 
 
 
 
 
【現在の診療状況表示
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る