本文へ移動

梅毒

梅毒

ここ数年、よく見かけるようになったが、初期硬結が多く、亀頭周囲の無痛性しこりがある。特有の硬さが発赤部位や潰瘍の下辺周辺にある場合は梅毒の可能性が高い。
まれに肛門周囲の扁平コンジローマもあり、バラ疹もある。
オーラルコンタクトのみで感染した症例も最近みかけます。
以前は同性愛者によく見かけたが、現在ではフーゾクなどで感染した例が多い。
近年は罹患患者の数が減っていましたが、最近再び増加傾向が平成17年度から当院でも見られています。17年度は10人、18年度は半期で5人です。
月1人程度が受診されますが、多くは初期硬結で、時には鼠径リンパ節の腫脹を伴って診断されます。
(第3の柱「性病」の項目  http://miyakodaclinic.jp/publics/index/116/#block296 を参照のこと)
 
 
 
 
 
【現在の診療状況表示
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る