本文へ移動

急性/慢性膀胱炎

膀胱炎の種類

細菌性膀胱炎  20歳代、40歳代の女性に多い。
発生要因は、生殖年齢、体調が変化する年齢が多く、女性は尿道が短いし、膣、肛門が尿道口に近接している。
発生原因は免疫力の低下で陰部からの逆行性感染で引き起こされる。冷え、睡眠不足、過労、ストレスが誘因。
 
慢性細菌性膀胱炎では、残尿による慢性化が多く、まれに非細菌性の間質性膀胱炎がある。
決め手は症状と膀胱鏡。
 
間質性膀胱炎は、蓄尿時に痛みあり。出血あり。
膀胱鏡で特徴的な炎症像は、膀胱拡張で滲み出るような出血の流れがみられる。
残尿はなく、進行すれば膀胱萎縮、容量低下がみられる。

男性は原発性はまれ。前立腺炎による2次感染の場合が多い。大腸菌の原因が多い。原因は過労。
 
 
 
 
 
 
【現在の診療状況表示
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る