本文へ移動

淋菌性尿道炎

淋菌性尿道炎とその顕微鏡所見

淋菌性尿道炎

尿道口から黄白色の膿がでて、強い排尿痛を訴えることが多い。
潜伏期間は数日から1週間程度である。
顕微鏡所見で白血球に双球菌の貪食をみることが多い。
 
膣性交、口内性交で感染する。
たまに耐性菌があり、治りにくい症例も時々遭遇する。
 
(第3の柱「性病」http://miyakodaclinic.jp/publics/index/116/#block296 に当院の症例統計があります。)
 
 
 
 
 
【現在の診療状況表示
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る