本文へ移動

クラミジア性尿道炎

クラミジア性尿道炎

排尿時に不快感を感じる程度ですが、外尿道口に「つば」のような粘性のやや透明な分泌物が見られ、顕微鏡で疎らな白血球が確認できます。
いずれにせよ症状が乏しいこの病気は男女間を簡単に感染して移動し(ピンポン感染)、時に重大な病気の波及を招くため要注意であり、交際者、パートナーが双方とも完全に治療しなければならない。
クラミジア尿道炎は最も性病における頻度が高く、当院でもポピュラーです。
潜伏期間は7〜14日程度。
(第3の柱「性病」の項目 http://miyakodaclinic.jp/publics/index/116/#block296 で当院の発生頻度が示されています。)
 
 
 
 
 
【現在の診療状況表示
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る