本文へ移動

医院の現在診療している内容

  現況について紹介します。泌尿器科とは何をみているのか、正確には知らない人が多いのでは?  泌尿器科開業といっても医師の得意分野も違い、様々な受診患者層があると思います。そこで当院の特徴を知ってもらうために、現在の受信者の病名分類を行いました。
  なお、前立腺肥大症の関係で男性が多いですが、女性も来院されます。そして、当院に通院されている方は元気な、健康志向の人が多いようにお見受けします。

月別病名統計(重複あり)

  通院疾患は病名の割合は、直近の平成30年1月の集計では、前立腺肥大症45%、過活動膀胱23%、慢性前立腺炎12%、尿路結石5%、膀胱炎4%、前立腺がん4%、尿道炎3%などとなっています。(病名の重複が入っています)   
なお、慢性前立腺炎については継続受診者はごく少人数です。また、無菌性慢性前立腺炎に対する経過観察は積極的には行なっておりません。
 
  当院の排尿障害に関係する患者さんは最近の5〜6年で漸増し70%近くに達してきています。このように当院は排尿障害に特化したかたちになっており、前立腺肥大症対策については、「夜間頻尿」に力を入れて満足度を上げる取り組みをしています。
  また、前立腺がん検診2次施設として地域に一定の役割を果たしています。その他では、性病関連、尿路結石の薬物治療、血尿の診断などを行なっております。

2018年6月の病名割合

大阪府北部地震が6月18日にあり、幸い医院はテナントビルに被害なく軽微でした。

「当院のここ10年の延べ受診患者数の推移」

今年は地震、集中豪雨、台風と、京阪神地方は6、7、9月は混乱しましたが、医院には大きな被害がなくホッとしています。しかし、受診者はやや減少しております。この10年間突っ走ってきましたが、これからも体力を鍛え、診療していきたいと思っています。

新患数、初診数の推移

2018年度は11月までの集計です。

「前立腺肥大症の月間病名数平均」

当院の前立腺肥大症病名のついた患者数はほとんどがLUTS患者であり、増加傾向が続いている。その約85%になんらかの前立腺肥大症薬を処方し、継続管理を行なっています。レセプトに占める割合も限界ですが、30年度は11月までの集計だが、まだ今年も割合が漸増を続けました。
TOPへ戻る