本文へ移動

腎臓結石、尿管結石

腎臓結石・尿道結石

20~40歳代に多く、泌尿器科の専門領域。結構多い。
結石発作には軽いものから重篤なものまで色々です。発熱を伴う場合はめったにないがその場合は要注意! 一般的には2~3日で消失し、その特徴を理解すれば全く心配はいりません。発作回数を減らし早く排石させるために、尿管を鈍くする薬を服用してください。 20人に一人。結石の再発は5年間に2人に一人。汗かきであまり水分を取らない人、20歳を過ぎても牛乳パックをがぶ飲みしている人は要注意。またはじめから多くの小結石を腎臓に持っている人もいる。(海綿腎) 尿酸結石の場合はかなり大きなものでもクエン酸製剤の長期服用で溶解するものが結構ある。直径2cm以上のものが溶けた例もある。血中尿酸値のコントロールが大切で、食事療法、薬物の服用により再発が防げる。 巨大なサンゴ状結石がレントゲンで発見されることがあるが大きな石ほど無症状で来院することがある。原因はプロテウス菌による感染でおこりやすい。

尿管結石発作時のレントゲン写真

尿管結石発作後6時間の写真

膀胱粘膜内尿管にある結石

 
 
 
 
 
【現在の診療状況表示
医療法人 慶水会
都田泌尿器科医院
〒567-0828
大阪府茨木市
舟木町5-14YNビル2F
072-632-0111
072-632-0150
TOPへ戻る